キャッシュフローってどういう意味ですか?
047-404-9150 たかの税務会計事務所ロゴマーク

税務についてのQ&A|キャッシュフローってどういう意味ですか?

利益とキャッシュフローの違いについて

最近では、企業の財務体質を表すのに利益からキャッシュフローへと移項しています。

では、なぜキャッシュフローが重要になっているのでしょうか?これまでの利益とキャッシュフローのイメージを以下に示してみました。

  • 収益-費用=利益(一定のルールに従って計算)
  • 収入-支出=キャッシュフロー(実際のお金の流れで計算)

損益計算書に書かれている「利益」とは?

損益計算書に書かれている収益と費用はあくまで発生した時点での計上です。しかし、実際には収益が上がっても現金を回収するのは何ヶ月か後になることがあります。また、費用にしても売れた物しか計上されないので、どれだけ在庫を持っていても損益計算書上は費用にはなりません。

このように利益は会計上のルールに基づいて計算されます。そのためルール上の計算と現実のキャッシュの動きが一致していない場合が一般的です。(飲食業や美容業などの現金商売は一致します)

キャッシュフロー経営

一方で、実際の現金の動きを示しているキャッシュフロー計算書は、実際に現金が動いた事実を記しているため、企業ごとのブレがかなり少なくなります。つまり、例えば会計上費用にはならない借入金の元金部分の返済もしっかり把握することができます。

損益計算書などの財務諸表だけでなく、経営管理の上では何らかの形で資金の流れを把握しておく必要がある。それがキャッシュ・フローです。

キャッシュ・フロー経営とは、損益計算書上の利益を追求するだけでなく、その企業活動において、「どれだけのキャッシュ(現金資金)を稼ぎ出せるか」ということを重視する経営です。中小企業にとっては「キャッシュフロー」こそが経営において一番重要な項目です。

参照リンク
キャッシュフロー計算書:東京商工リサーチ